2016/05/29

民間の宇宙ロケット「Falcon 9」が海上のはしけに着陸するところを360度カメラでとらえた映像


 世界はどんどん加速する。
 青木無常であります。

天へと挑む光輝(素材)


 またもや民間の宇宙ロケットがやってくれましたよ。

 以前ご報告した「ニューシェパード」は、自動で地上に着陸するという離れわざを成功させていましたが、本日のはさらにその上、海上に着陸するというこれまたすさまじいスグレモノ。

 SpaceXという宇宙輸送企業はこれまで四度の海上着陸に挑戦し失敗。

 5度目のチャレンジにしてついに悲願達成といったところでしょうか。

 ちなみに、Falcon 9が着陸した無人船の名は「Of Course I Still Love You」。

 日本語に訳すと「もちろん、まだ君を愛している」。

 こんな粋な名前を船につけたってのも、味があるというかシャレた話でございますな。


GIZMODO 2016.04.09 16:10
オバマ大統領も祝福。SpaceX、ついにFalcon 9の海上着陸に成功!
http://www.gizmodo.jp/2016/04/spacexfalcon_9_1.html


基地(素材)


 さて、さらに。

 先日360度全方位を見わたせるSF動画をご紹介しましたが、なんと!

 このFalcon 9が着陸する場面の様子も360度全方位動画としてYouTubeに公開されているのでございますよ。


360 View | First Stage Landing on Droneship



GIZMODO 2016.05.03 22:05
まさに臨場感。SpaceXのロケット海上着陸を360度動画でどうぞ
http://www.gizmodo.jp/2016/05/spacex360.html


 画面上をドラッグ(スマホならスライド?)するか左上のボタンで画面が操作できます。

 ロケットは上から降りてくるので、画面を上に向けないと単にやかましいけど何も映っていないシーンが最後までつづくことになりかねない、カモ。(^_^;)



 正直な話、前回のSF動画同様360度動画にする意味がいまいち納得できないというか、こういうのは一番すごい場面をきちんと撮影するなり編集するなりして見せてくれたほうが受け手としてはありがたい、という気がしないでもないけど。



 ま、これも新時代の技術のたまものってことでしょうかね。

 最新のデジカメとかもこういう動画、もう撮れるようになってたりするんじゃないかな。

 自分が映っちゃうので使わないけどな! (`▽´)



飛翔(素材)


 さて、そんな宇宙開発の最前線を爆走する企業のひとつであるSpaceXですが、なんか実はロケットの置き場所に困っているなどという話も。


GIZMODO 2016.05.17 14:05
困ったSpaceX。無事に回収したロケットの置き場所がもうない…
http://www.gizmodo.jp/2016/05/spacex_hanger.html


 ま、たしかにロケットなんて巨大きわまるシロモノですけど。(^_^;)

 でもそもそも海上着陸にチャレンジしてきたのも

地球の面積のおよそ7割を占める海面への着陸
を視野に入れていたからであり、その理由は
1度打ち上げたロケットを回収し再利用することで宇宙開発を低コスト化するという目標
にあるわけだから、収納スペースも今後はきちんと視野に入れて運用していかなきゃネ。(^-^)



 電車の車庫とかも、やたら広大な敷地を占有せざるを得ないみたいだし、土地の問題ってやっぱり小さくないみたい。



 わしの住居は猫の額なのでおけませんよイーロン、本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿