2016/05/28

ヴァーチャルリアリティまであと一歩! 360度全方位見わたせるストーリー動画が公開された!


 ま、この動画自体はいまいちイミフ。
 青木無常でございますよう。

遭遇(素材)


 動画はイミフ。

 ってのは、観るべき場面を自分でさがさなきゃならないし、現時点では焦点になりそうな場面も従来どおり一シーン一画面っぽいので。

 ただ将来を見すえるなら…?


 というわけで、360度全方位ムービーを閲覧できる「Google Spotlight Storiy」というインタラクティブムービーシリーズにラインナップされた「HELP」という作品が話題を読んでいます。

 上空から突如落下してくるまばゆい光。

 墜落した隕石は都市の街路を破壊して地面にめりこみ、その中からモンスターが出現。

 人間を襲撃してまわるモンスターとかけつけた警官との逃走・追跡劇から、物語は意外な方向へ…


GIZMODO 2016.05.09 17:30
見るのに回すのに忙しい! 360度全方位を見渡せるSF短編
http://www.gizmodo.jp/2016/05/360-sf-short-film-help.html


 という感じでストーリーは展開していき、街路から地下鉄へとシーンがかわる。

 圧巻なのは地下鉄の線路の奥からぎろりとこちらをにらみつける怪物の巨大な眼のシーン。

 ぜひ、ご自身の目で確かめていただきたい。


360 Google Spotlight Story: HELP



 とはいえ、動画の再生ボタンを押しただけでは、見るべきシーンが画面外で展開してしまったりしているので、左上の全方向ボタンか画面上をドラッグ(スマホならスライド?)して楽しむのが必須。

 一種の視聴者参加型ムービーといえなくもないが、正直、若干わずらわしいというか。

 別にふつうの映画方式で充分じゃん、という感じはしなくもない。(^_^;)

 この動画ならとりあえず、音のするほうに画面を回転させることである程度焦点となるシーンを追えるんじゃないかな。



 この「Google Spotlight Stories」というのはYouTubeの360度ムービーを利用した「全方位見渡し系インタラクティブムービーシリーズ」とかいうシロモノらしいのですが。

 もともとスマホアプリとして配信されているもののようです。

 なんかスマホを向ける方向でシーンがかわるという噂もきいたんだけど、今現在視聴できるかどうかは不明なので、ご興味がおありなら調べてみて。



来訪者(素材)


 ま、この動画ならむしろふつうの映画形式で提供したほうが視聴者は楽なんだけど、複数の視点に複数の見どころや仕掛けをしこむ、という方法論も考えられなくもないカモね。

 ただ個人的には、せわしないだけなのでそういうのはゲームの世界程度にとどめておいてほしいのも正直なところではあるんですが。(^_^;)



 つか、隅から隅まで確認しないと満足できない性格なので、フィールドが広大なゲーム世界自体時間と労力くってしかたがないってのは前々から思ってたりしたんだよなあ、わしは…。

 ふつうの映像市場にまでこういうの、正直出てきてほしくないカモ…(´ω`。)



 隕石が近くに落下したみたいなので見てきます本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿